アフターピルが好きな私の心得!お財布と相談するアイピル

緊急時のお薬

望まぬ妊娠をしてしまい、中絶する件数は年間で30万件もあると言われています。
中絶は女性のからだにかかる負担は大きい治療と言われ、精神的なダメージも計り知れないと考えられます。
こうした事態を招かないためにも日頃から妊娠を避けるために、コンドームを使った避妊具の使用は必要不可欠です。
ですが避妊具も万能ではなく、妊娠してしまうケースもあります。
中絶する前にできることが、1つだけあります。
それが、アフターピルと呼ばれる中用量の避妊薬を服用することです。
アフターピルとは飲み薬で、妊娠を回避できる最後の手段と言われ副作用も強くでますが、それは中絶ほどではありません。
不安行為後72時間以内の服用という時間的な制約があるものの、その効果は高く、確実に時間内に1錠を服用することでほぼ100%の確率で妊娠を回避することができる避妊薬になります。
女性が妊娠するためにまず、必要となる生理現象が「排卵」です。
アフターピルによって女性ホルモンをからだの中に取り入れることで、急激にホルモンバランスを変化させ排卵を止めることができます。
排卵が止まることで膣内に侵入した精子が卵子と結びつくことを防げ、受精卵となる機会を失わせます。
低用量ピルとは異なり、計画的な服用ではなく緊急時にのみの服用となります。
一般的に病院で処方されるのはノルレボですが、これは保険が利かず1錠処方で1万円を超えます。
そういった場合には海外医薬品の通販を利用するべきです。
病院での処方よりも安く購入することができますし、誰かに知られてしまうと言う心配もいりません。
そして通販サイトではジェネリックである「アイピル」がオススメ。
アイピルはノルレボと同じ成分であるレボノルゲストレルを含有しているので、同等の効果があります。
しかも1錠は800円ほどになるので、お守り変わりとして常備しておくことも容易です。
緊急時には焦ることもあるので、アイピルを1錠もっておくだけでも焦ることなく避妊することができます。
避妊薬服用のイメージはあまりよくありませんが、女性が自分の意志でできる避妊方法になるので万一に備えて1錠あっても良いはずです。